街を破壊してストレス解消だ!『DINOSAUR RAMPAGE』をガッツリレビュー!

アクション

みなさんこんにちは!『AppsPeria』管理人のNONKIです。

今回皆さんにご紹介するアプリは芸者東京株式会社さんの『DINOSAUR RAMPAGE』です。

今回のレビューでは『DINOSAUR RAMPAGE』のゲーム性や魅力、プレイして感じたことなどについて詳しく書いていきますので、是非記事を最後まで読んでみてくださいね!

『DINOSAUR RAMPAGE』ってどんなアプリなの?

『DINOSAUR RAMPAGE』はアクションのアプリです。

プレイヤーは恐竜を操作して街を暴れ回り、人々を襲い(捕食ということですw)車や高層ビルを破壊し、他の恐竜を倒しまくりましょう!

▲ 街を破壊することがこのゲームの目的ですw

恐竜の操作方法は非常に簡単!行きたいところにスワイプするだけです。

プレイヤースキルなどもほとんど必要ありませんので、老若男女問わず誰でも簡単にプレイできるのが『DINOSAUR RAMPAGE』の魅力の1つと言えるのではないでしょうか。

『DINOSAUR RAMPAGE』のゲーム性について

さてここからは『DINOSAUR RAMPAGE』のゲーム性について簡単に書いていきたいと思います。

街を破壊しよう!

上でも書きましたが『DINOSAUR RAMPAGE』は街を破壊するのがゲームの目的です。

スワイプで恐竜を操作してどんどん人を捕食して車やビルを破壊していきましょう。

▲ 時間はかかりますが高層ビルだって破壊できます。

ただし恐竜を戦う場合は気を付けましょう。

自分よりレベルが低い恐竜は倒すことができますが、自分とレベルが同じかそれ以上の恐竜は倒すことができません。

さらに自分よりもレベルが高い恐竜については触れただけでゲームオーバーになってしまいますので、自分よりレベルの高い恐竜が来たらその場を離れるようにしましょう。

またステージの制限時間は1分間です。

1分間やられずに完走することができたらステージクリアとなります。

レベルを上げよう!

人々を捕食したり街を破壊していくと恐竜のレベルが上がります。

▲ 街を破壊しまくってレベルを上げよう!

恐竜のレベルが上がるとより多くの恐竜を倒せるようになるほか、高層ビルなどを破壊するのにかかる時間が短くなります。

またステージをクリアするたびに恐竜のレベルは1に戻りますが、そこまで難しいわけではないので問題ありません。

新たなスキンをGETしよう!

一定のゴールドと広告を視聴することで新しいスキンをGETすることができます。

▲ 何か強そうw

中にはショッキングな色のスキンや国旗風のスキンもありますので、集めていてはいかがでしょうか。

▲ なかなかオシャレですよねw

プレイして感じたこと

ここからは『DINOSAUR RAMPAGE』をプレイして感じたことを書いていきたいと思います。

日頃のストレス、鬱憤を晴らしてくれる!

何も考えず無心で人々を捕食したり街を破壊できるので、ストレス解消や鬱憤晴らしにはピッタリだと思います。

実際私は仕事の合間や記事の途中でプレイしていい息抜きになっていますw

スキマ時間にピッタリ!

1つのステージの所要時間が1分しかないので空いている時間にプレイするのにいいアプリだなと思いました。

さらにスタミナがないので長時間プレイすることもできます。

広告は少なめ

広告は少ない方だと思います。

新たなスキンをGETするにはキャンセルできない広告を視聴する必要がありますが、それ以外の広告についてはブラウザバックでキャンセルすることができますので気になりません。

ってかほぼ課金がないゲームに関しては広告を視聴することが開発への恩義だと私は考えています。

ゲームの開発ってお金がかかりますからねぇ。

※ 『DINOSAUR RAMPAGE』では課金をすることで広告を排除することができます。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は芸者東京株式会社さんの『DINOSAUR RAMPAGE』をレビューいたしました。

難しい要素はまったくなく誰でも気軽にプレイできるいいアプリだと思います。

気になる方は下のリンクよりダウンロードしてプレイしてみてください。

特に日々忙しいサラリーマンの方にプレイしてほしいかなw

▲ ストレス解消にどうぞ!

今回はここまでです。では、また次回です!!

※ 『DINOSAUR RAMPAGE』のダウンロードはこちらからどうぞ!

Dinosaur Rampage

Dinosaur Rampage
開発元:Geisha Tokyo Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました