Google Play2019ベストゲームアプリが発表!

雑談

みなさんこんにちは!AppPeria管理人のNONKIです。

さて2019年12月6日にGoogleは都内某所でGoogle Playで人気を集めたゲームやアプリを発表する『Google Play ベスト オブ 2019』の授賞式を開催しました。

今回の記事では『Google Play ベスト オブ 2019』のゲーム部門に絞って紹介するとともに、個人的な感想を書いていきたいと思います。

2019年ベストゲームに輝いたのは・・・

2019年ベストゲームに輝いたのは、

ドラゴンクエストウォーク

でした!

 

以下はGoogleの選評です。

みんなが知ってる「ドラゴンクエスト」の世界観をひっさげ、位置情報ゲームのジャンルに見事な新風を巻き起こしたファン待望の作品。

位置ゲームでありながらRPGとしてのやり込み要素も豊富に用意され、さらにどの場所にいてもプレイを進められる柔軟性も提供。

そして何よりも、ファンも納得のドラクエらしさが随所にしっかりと盛り込まれている。

その革新性と万人に受け入れられる懐の広いゲーム性は、まさに2019年を代表するゲームとしてふさわしい。



選定基準は何なのか?

2019年ベストゲームはGoogleがこの1年を振り返って選んだゲームだそうです。

実際にプレイしたかどうかは疑わしいですし、タイトルやダウンロード数などの要因だけで決めたのでは?と懐疑の念を抱かずにはいられないのですが、天下のGoogle様が決めたことなのでこれ以上追求するのはやめておきたいと思いますw

ちなみに2018年のベストオブゲームは”ドラゴンボールレジェンド”でした。正直名前だけで選んだのでは?って思った方も多かったのではないでしょうか。

NONKI
NONKI

まぁ世界を席巻する大企業のGoogleですから、実際にプレイして時間をかけてしっかりと選んでいてくれているはずです(震え声)

2019年上半期は”不作”

さて個人的には2019年の上半期は”不作”だったと思います。

私は2019年5月まではキングスレイドをプレイしていましたが、正直それに続くゲームはありませんでした。(キングスレイドは2018年にリリースされたソシャゲです)

ちなみにキングスレイドをやめた理由は仕事に差し支えるということと、私の持っている端末では今年くらいからフリーズしまくってゲームどころではなくなった、ということでした。

▲ 本当はもっともっと遊んでいたかった・・・。

▲ 私がやめてレイナは怒ってるのかな・・・

NONKI
NONKI

大好きなゲームだったのにストレスが溜まるのはほんと辛かったです。

知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は別のブログでキングスレイドの攻略を1年ほど続けていました。

今はもう記事を書いていませんし、今後も記事を書くつもりはないのですが、キングスレイドは私の中での最高なソシャゲであることは変わりませんし、今後も変わることはないでしょう。

NONKI
NONKI

Vespaさん、もう遅いんだからね!



下半期の巻き返し?が凄かった

まぁキングスレイドのことはおいといて、上半期の不作っぷりがうそのように下半期はビッグタイトルのオンパレードでした。

Dr.マリオくらいから始まってCall of Dutyやマリオカートなど、コンシューマーで人気だったゲームがどんどんアプリ化されて世に出回りました。

NONKI
NONKI

でもマリオカートってソシャゲにする必要あったんですかね(困惑)

さて今回ベストゲーム2019に選ばれたドラゴンクエストウォークですが、実は私少しだけプレイしております。

このブログでもドラゴンクエストウォークの攻略を取り上げようと思ったのですが、いかんせん私の住所がバレてしまうおそれがあるためあえなくボツとなりました・・・。

▲ イチイチ画像を加工するの面倒ですし・・・。

 

ドラクエは私の青春でした。

ソシャゲを除けばドラクエ10以外はすべてプレイしていますし、特にドラクエ3は胃に穴が開くほどプレイしました。

ちなみに私の人生の中で最も面白かったゲームを3つ挙げろと言われたら、

  • ドラゴンクエスト3
  • デモンズソウル
  • モンスターハンター2ndG

この3つを挙げます。それくらいドラクエ3は大好きでした。

さてそんなドラゴンクエストウォークでしたが、初めは「ポケモンGOのパクリだろ」「スクエニのソシャゲだから・・・」なんて斜に構えていたのですが、いざプレイしてみると確かにパクリちゃパクリなんですがしっかりとドラクエしてるんですよね。

コンシューマー向けには最高のゲームを作るにもかかわらず、ソシャゲになると途端に不良品しか作らないスクエニさんとは思えないデキっぷり。

ゲーム以上に個人的に評価したいのはスクエニさんには珍しくユーザーのことをしっかりと考えているという点。

NONKI
NONKI

スクエニさんごめんね。仕事じゃないと本音が出ちゃうんもんで(王者の風格)

〇〇万ダウンロードのたびに石を配ったり、定期的にイベントを行ったりと、無課金でも余裕で遊べる作りにしたのは本当に素晴らしい。

「ソシャゲは無課金で遊ばれることを前提にしてつくるべき」

これが私のソシャゲに対する考え方です。

課金しないと手に入れられないアイテムとか、課金しないと到達できないことがあったりとか、『日替わり内室』のように課金しないとイベントに参加できないとか論外です。

▲ でも悠亜ちゃんほしかったなぁ。かわいいしOPPAI大きいし。

NONKI
NONKI

ちなみに三上悠亜ちゃんは1万数千円課金しないと入手できませんでした(激怒)

本当に面白いゲームならばユーザーは課金するんです。課金推しなんかされなくても課金するんです。課金推ししてくるから呆れて課金したくなくなるんです。

何か話がドラゴンクエストウォークとは関係なくなってしまいましたが、私がドラクエ好きということもありますが2019年ベストゲームにドラゴンクエストウォークが選ばれたのは至極当然のことだと思います。

NONKI
NONKI

2018年のベストゲームのドラゴンボールレジェンドは未だに解せませんが。



さて個人的2019年ベストゲームの発表です!

大変お待たせいたしました(待っていないとか言わないで!)

私が選ぶ個人的2019年ベストゲーム、それは・・・

 

天下のDeNaさんが運営する

ポケモンマスターズ

です!

 

ポケマスを知っている方ならば、

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ってなっているかもしれませんが、違う意味でポケマスは私に耐えがたいインパクトを与えてくれました。

▲ ポケマスのプロデューサー佐々木悠こと”アフロ佐々木”。コイツがすべての元凶です。

ポケマスは”ポケモン”という超巨大IPを使用しながらも、超お粗末な運営によって大炎上。

まぁ最近は大分マシにはなったようですが、リリースされてからやらかしたことをまとめますと、

  • やることがない(え?)
  • 同じタイプのピックアップガチャを繰り返す(は?)
  • 不具合の長期間放置(もう無理)
  • ガチャの確率操作(カミツレおもらし事件)
  • とにかくケチ(呆れ)

など枚挙にいとまがなく、ユーザーの期待をことごとく裏切りまくってくれました。

特にリリース直後におきたアカネちゃんの説明誤記は衝撃(ディープインパクト)でした・・・。

▲ 何でこういうミスをするのかね。

この表記を受けてtwitterでは、やはりというか何と言うかアカネちゃんの爆乳画像で溢れかえりましたw

さらに運営が不具合の報告をする度にtwitterが大炎上。一時期は運営のツイートが待ち遠しくて仕方ない時期がありました。

NONKI
NONKI

違う意味で最高のソシャゲでしたw

現在はこの誤記は修正されていますが、運営はこの誤記をシレッとサイレント修正しております。

ポケモンという超巨大なIPを手にしながら運営の手腕1つでクソゲーへと変貌するその様は、一時期問題になった”おせち事件”を彷彿させるものがあります。

▲ 一時期のポケマス

ポケマスはkoty(クソゲーオブザイヤー)にソシャゲ部門があったら間違いなく大賞を受賞していた作品だけに、kotyにソシャゲ部門がないのが本当に悔やまれます。

まぁとにかく違う意味で私を楽しませてくれたポケモンマスターズは間違いなく私の中のベストゲーム2019として今もキラキラと輝いています。

最後に

いかがでしたでしょうか。なんだかよくわからない感じになってしまいましたが、今回は『Google Play2019ベストゲームアプリが発表!』と題しまして大賞になったドラゴンクエストウォークや私のベストゲーム2019を発表してみました。

みなさんの中のベストゲーム2019は何ですか?

このブログのコメント欄やtwitterのコメント欄で教えてくれると嬉しいです。

今回はここまでです。では、また次回です!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました