【キンヒロ】傲慢の塔攻略のために育成するべきキャラクター【アタッカー編】

キンヒロ オススメキャラ

キングダムオブヒーローをプレイしているみなさん、こんにちは!

AppPeria管理人のNONKIです。

今回の記事ではキンヒロの傲慢の塔のボス戦で活躍してくれるキャラクターを紹介していきたいと思います。

今回はアタッカー編になります。

NONKI
NONKI

今回のアシスタントはア、アポフィスさんです(泣)

アポフィス
アポフィス

NONKIさんなぜ泣いているのですか?

NONKI
NONKI

アポフィスさんだとPV数取れるかなと思って(直球)

アポフィス
アポフィス

大丈夫です。一生懸命頑張りますから。

NONKI
NONKI

いや、そっちじゃなくてビジュアル的に。

(あとみんなから嫌われてるし・・・)

アポフィス
アポフィス

それは言わないでください。

ちなみに今回ご紹介するキャラクターは純5のキャラクターはいません。紹介しても入手できないんじゃ意味がありませんからね。


傲慢の塔のボス戦で活躍するアタッカーの条件

傲慢の塔のボスには共通した2つの特徴があります。

  • HPが高い
  • 攻撃力が高い

ではこれら2つの特徴に対処する方法を考えてみましょう。

HPが高いことの対処法

傲慢の塔のボスは総じてHPが高いです。

HPが10,000を超えていることはざらで、過去には70,000を超えている頭のおかしいボスもいました。

☆6レベル70まで上げてルーンを厳選したアタッカーでも攻撃力が3,000程度が限界でしょうから(それでも凄く強いわけですが)、そんなアタッカーでもHPが70,000を超えているボスの体力を削るのはなかなか骨が折れるわけです。

アポフィス
アポフィス

確かに。削り切れずに時間切れ終了なんてこともあるでしょうね。

NONKI
NONKI

てか初心者の方が攻撃力3,000のキャラクターを作ること自体難しいんだけどね。

優秀なデバフ”持続ダメージ”

しかしキンヒロには“持続ダメージ”という優秀なデバフが存在します。

アポフィス
アポフィス

持続ダメージにはどんな効果があるのですか?

持続ダメージは以下の6つのことを覚えておけば大丈夫です。

  • 持続ダメージ1つにつき敵の最大HPの5%のダメージを与える。
  • 持続ダメージは敵のターンが来たときに効果が発動する。
  • 持続ダメージは使用者の攻撃力には依存しない。
  • 最大8個まで蓄積させることができる。※1
  • 使用者によっては数ターン続くものもある。

※1:持続ダメージ以外のデバフがかかっていない場合

持続ダメージのいいところはダメージ量は敵の最大HPに依存するのであって、使用者の攻撃力には依存しないというところです。

アポフィス
アポフィス

NONKIさん、例を挙げていただいてよろしいでしょうか。

NONKI
NONKI

OK。

例えば最大HPが10,000の敵がいるとしましょう。

この敵に持続ダメージを1個付与した場合、持続ダメージ1個につき敵の最大HPの5%のダメージを与えるわけですからダメージ量は10,000の5%の500ということになります。

この500という数字は固定であって、使用者(持続ダメージを付与したキャラクター)の攻撃力は加味されないということなんです。

つまり攻撃力が1であれ3,000であれ、最大HPが10,000の敵に与える持続ダメージ量は500ということなんです。

アポフィス
アポフィス

なるほど。では攻撃力は何に関係するのですか?

NONKI
NONKI

持続ダメージを与えたときのスキルのダメージに関係するよ。

アポフィス
アポフィス

敵に与えるダメージのことも考えれば攻撃力も上げた方がいいわけですよね?

NONKI
NONKI

まぁそうなんだけど上げたいステータスがあるから攻撃力は後回しかな。




また持続ダメージは最大8個まで蓄積することができます。

例えば下の画像をご覧ください。

上は1月の傲慢の塔の60階に出現するリムノリア戦の画像なのですが、リムノリアはHPが約72,000もある正直頭のおかしい敵です。

さてリムノリアの上に持続ダメージが7個(もう1つは回復阻害)あることが確認できると思います。

アポフィス
アポフィス

持続ダメージが7個ということは、敵の最大HPの35%分のダメージということですよね。

NONKI
NONKI

だね。

アポフィス
アポフィス

リムノリアのHPは72,000だから、その35%ということは・・・。

NONKI
NONKI

こうなりますw

アポフィス
アポフィス

こ、これはすごい・・・(汗)

アポフィス
アポフィス

いくら攻撃力が高いアタッカーでもここまでのダメージは与えられないですよね。

NONKI
NONKI

無理だね。

アポフィス
アポフィス

持続ダメージ凄いですね。

いかがでしょうか。持続ダメージの凄さがわかっていただけたのではないでしょうか。

持続ダメージはHPの高い敵ほど有効な攻撃になりますので、傲慢の塔のボスのようなHPの高い敵には攻撃力が高いアタッカーよりも持続ダメージを与えられるキャラクターを編成するようにしましょう。


攻撃力が高いことの対処法

傲慢の塔のボスはHPが高いだけでなく攻撃力が高いものも多いです。

さて今回は傲慢の塔で活躍するアタッカーを紹介するわけですが、今回紹介するアタッカーは性質上HPや防御力をあまり上げることができないので耐久に関しては正直心もとないです。

なるべく生存させるためにも敵の攻撃を受けにくい2マス以上の射程の持続ダメージ持ちのキャラクターがベストということになります。

アポフィス
アポフィス

「当たらなければどうということはない」ということですね(シャア並感)

NONKI
NONKI

射程1マスの持続ダメージ持ちキャラもいますが、今回は省かせていただきます。

アポフィス
アポフィス

あのぅ少しは突っ込んでいただけると・・・。

NONKI
NONKI

何が?

アポフィス
アポフィス

いやもういいです。



傲慢の塔で活躍するアタッカー

上の条件で挙げた「射程が2マス以上で持続ダメージを持っている」キャラクターの中で私がおすすめするのは以下のキャラクターたちです。

今回は木属性、水属性、火属性の中から1人ずつピックアップしてみました。

テイアー

  • 初期レアリティ:☆4
  • 属性:木属性
  • 移動タイプ:飛行型
  • 入手難易度:★★☆☆☆

<テイアーの特徴>

  • 自分に持続ダメージを溜め込んで敵になすりつける

木属性からのおすすめはテイアーです。

テイアーはスキル1で自身に持続ダメージを溜め込んでいき、スキル2で自身に溜まった持続ダメージをすべて敵になすりつけることができます。

▲ テイアーがいれば持続ダメージ祭りを作り出すことも可能です。

スキル1の持続ダメージのターン数は4ターンですので、持続ダメージを最大で4個溜め込んでスキル2でなすりつけることができますが、溜め込んでいる間はもちろんダメージを受けるので注意しましょう。

またスキル2のクールタイムは1ターンしかないので、スキル1で持続ダメージを溜め込んで次のターンでスキル2でなすりつけることも可能です。

持続ダメージを複数個溜め込んでからなすりつけるか、1ターン毎になすりつけるかは状況に応じて考えましょう。

ちなみにスキル2でなすりつけることができるのは自分で溜め込んだ持続ダメージだけでなく、敵から受けたデバフも可能です。

アポフィス
アポフィス

持続ダメージ以外のデバフもなすりつけることができるのは便利ですね。

  • ☆4ながら入手難易度は低い

テイアーの初期レアリティは☆4ですが、ガチャ以外にも特定のクエストをクリアしたときの報酬である★4融合英雄チョイスBOXで入手することもできます。

▲ ★4融合英雄チョイスBOXでテイアーを楽々GET!

ご存知の通りキンヒロのガチャにおける☆4キャラクターの出現確率は10%とあまり高いだけでなく、☆4キャラクターの多さも相まってなかなかほしいキャラクターを入手できないと思います。

しかし★4融合英雄チョイスBOXならば確実にテイアーを入手することができるので入手難易度は低めだと思います。

NONKI
NONKI

ガチャでテイアーを入手できなかった場合は★4融合英雄チョイスBOXを使用してみてください。このBOXはだいたい5個くらいGETできますから。

※ テイアーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

☆4おすすめキャラを紹介します!【テイアー】


ヴァルキリー

  • 初期レアリティ:☆4
  • 属性:水属性
  • 移動タイプ:歩行型
  • 入手難易度:★★★★☆

<ヴァルキリーの特徴>

  • 持続ダメージを与える条件が緩い

水属性からのおすすめはヴァルキリーです。

ヴァルキリーはスキル1とスキル2の両方で持続ダメージを与えることができます。

しかし2つのスキルともに持続ダメージを与える条件があって、

  • スキル1:敵にデバフが入っていることが条件
  • スキル2:クリティカルヒットすることが条件

となっています。

スキル2による持続ダメージの継続ターン数は2ターンなので、スキル2がクリティカルヒットさえすればスキル1で持続ダメージを与えることが可能になります。

またスキル1は敵にデバフさえ入っていればいいので、他にデバッファーがいれば簡単に持続ダメージを与えることが可能になります。

アポフィス
アポフィス

ヴァルキリーなかなか強いですね。

NONKI
NONKI

ただ1つ問題があるんだよ。

  • 入手難易度がやや高い

ヴァルキリーの初期レアリティは☆4です。上で挙げたテイアーはガチャ以外にも★4融合英雄チョイスBOXで入手することができましたが、残念ながらヴァルキリーはガチャでしか入手することができません。

私はこの記事を書いている段階でキンヒロを約3ヶ月プレイしていますが、まだ入手できていない☆4キャラクターもいます。

NONKI
NONKI

木属性の眼帯したOPPAIちゃん早く出てこーい!!

クリスタル召喚ではなかなか難しいと思いますので、ほしい方は英霊召喚でピックアップされたときにでも狙ってみてはいかがでしょうか。

アポフィス
アポフィス

ちなみにNONKIさんはヴァルキリーは何体入手したのですか?

NONKI
NONKI

ガチャだけで3体だよ。

アポフィス
アポフィス

確率は恐ろしいですね・・・。

※ ヴァルキリーを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

☆4おすすめキャラを紹介します!【ヴァルキリー】


シア

  • 初期レアリティ:☆3
  • 属性:火属性
  • 移動タイプ:歩行型
  • 入手難易度:★★☆☆☆

<シアの特徴>

  • 4ターンに1度即時行動を得ることができる

火属性からのおすすめはシアです。

シアはスキル1で持続ダメージを与えることができるのですが、持続ダメージを与えるには敵に回復不可のデバフが入っていることが条件になります。

▲ 条件がやや厳しいことが☆3である所以なのでしょうか。

アポフィス
アポフィス

ヴァルキリーのスキル1はデバフさえ入っていればよかったわけですからねぇ。

一応スキル2で回復不可のデバフを入れることができるのですが、スキル2のレベルを上げていない状態だと回復不可は60%の確率でしか入れることができません。

スキル2のレベルを6まで上げれば80%まで上げることができますので、シアを使うのならばそこまでは上げたいところ。

しかし回復阻害さえ入ってしまえばパッシブスキルの即時行動も相まってガンガンスキル1で持続ダメージを入れることができます。

 

  • 入手難易度が低い

シアのメリットはレアリティが☆3なのでガチャで入手しやすいことです。

ある程度クリスタル召喚を回していれば入手できるので、もしかしたらみなさんのストレージに眠っているかもしれません。

しかし上でも挙げたようにスキル2の回復不可の確率を上げるためにも数体はほしいところ。

NONKI
NONKI

回復不可が入らなくてストレスを溜めないためにもスキルのレベルは上げましょう。

 

  • OPPAI

個人的にはキンヒロのキャラデザインはあまり好きではないのですがシアだけは別です。

特に水着のコスチューム(衣装コイン250枚)を着せた日にゃ~。

▲ どうですこのKA・RA・DA!!

アポフィス
アポフィス

確かにこれは素晴らしいですね。

NONKI
NONKI

シアたん(;゚∀゚)=3ハァハァ

私のキンヒロのモチベーションはシアによって支えられていると言っても過言ではありません(迫真)


上げるべきステータス

さてこの3人ですが上げるべきステータスはほぼ同じです。

  • 速度
  • デバフ命中

この2つのステータスはガッツリと上げましょう。

※ ヴァルキリーとシアはクリティカル率も必要になります。

アポフィス
アポフィス

具体的にはどれくらいあればいいですかね?

NONKI
NONKI

速度は200を目安に、デバフ命中は100%だね。

他のステータスは上げなくていい分、速度とデバフ命中を上げることは大変ではないと思いますが、肝心のルーンがなくては元も子もないのでルーンダンジョン(ファフニール)は何度も周回しましょう。

アポフィス
アポフィス

やっぱ周回は必要なのですね。

NONKI
NONKI

強くなりたいのなら周回は必至!

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は「傲慢の塔攻略のために育成するべきキャラクター(アタッカー編)」と題しまして、育成するべき3人のキャラクターを紹介してみました。

ちなみにヴァルキリーですが、なかなか入手できない場合は同じ水属性で☆3のエルライムを使うという手もあります。

しかしエルライムの持続ダメージは確率による付与なので、「持続ダメージを与えられなくてストレスが溜まらないように」ということでヴァルキリーをおすすめしました。

今回おすすめした3人は入手難易度もそれほど高くなく、必ず傲慢の塔のボス戦で活躍してくれますので、是非育成してみてください。

アポフィス
アポフィス

みなさん頑張ってくださいね。

今回はここまでです。では、また次回です!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました