【キンヒロ】☆4おすすめキャラを紹介します!【テイアー】

キンヒロ オススメキャラ

キングダムオブヒーローをプレイしているみなさん、こんにちは!

AppPeria管理人のNONKIです。

今回はキンヒロ初心者の方のために初期☆4キャラクターのテイアーについて紹介したいと思います。

テイアーのスキルの説明はもちろん、テイアーの強いところや活躍できるダンジョンなど、どのサイトよりも詳しく紹介したいと思いますので、是非記事を最後まで読んでみてくださいね!

 

NONKI
NONKI

今回のアシスタントはみんな大好きサンダルフォンちゃんです!(歓喜)

サンダルフォン
サンダルフォン

みなさんこんにちは!今回はカーミラさんが実家に帰省中ということで代わりにアシスタントを務めることになりました!

NONKI
NONKI

カーミラさん帰ってこなくていいよ(小声)

サンダルフォン
サンダルフォン

ん?何か言いました?

NONKI
NONKI

いやいやこっちの話。今日は平和だなってw

サンダルフォン
サンダルフォン

そんなことよりNONKIさん早くいきましょ!

みんな待ってますよ!!

NONKI
NONKI

うん!イコう!!(意味深)



テイアーの基本情報

  • 職業:ウィザード
  • 属性:木属性
  • 移動タイプ:飛行型
  • 移動距離:2
  • 初期レアリティ:☆4
  • 入手難易度:★★★☆☆

テイアーの職業はウィザードです。ウィザードは火力で押していくタイプの職業ですが、テイアーもその例に漏れず状況によっては爆発的な火力を出すことができるキャラクターです。

さらにテイアーはなかなか珍しい飛行タイプですので、敵を飛び越えて移動できるので非常に便利です。

サンダルフォン
サンダルフォン

飛行タイプって強いですよね!

またテイアーは基本的にはガチャで入手できるキャラクターですが、それとは別に確実に数体入手することができるので入手難易度は☆3にしました。

NONKI
NONKI

確実に入手できる方法は後述します。

テイアーの爆発的な火力とは何なのか!?次の章で説明していきたいと思います。

テイアーのここが強い!

ボスモンスター相手に高いダメージを与えることができる!

テイアーを初めて入手してスキル1を見たとき、

「え!?何この子ww」

って思った方いらっしゃいませんか?

NONKI
NONKI

大丈夫です。それが普通の反応です。

私もそう思いましたからw

それもそのはずテイアーはスキル1で敵を攻撃するたびに自分自身に持続ダメージを付与していくんですから。攻撃してるのに自分がダメージ受けるってどういうことなの?って思うのは当然ですよね。

▲ テイアーはスキル1を使う度に自身に持続ダメージを溜めていきます。

「いやいや自分に持続ダメージを与えるってことはスキル1の火力は相当高いのでは!?」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、スキル1は何の変哲もないごく普通のダメージしか出せません。(もちろん攻撃力次第で多少は変化しますが)

サンダルフォン
サンダルフォン

うーん。確かにこれでは損しかしてない感じですよねぇ。

しかしテイアーが凶悪なのはスキル2の存在であって、テイアーはスキル2で自分に溜めた持続ダメージ(デバフ)をすべて対象に押し付けることができるんです。

サンダルフォン
サンダルフォン

んー。でもこれって凄いんですか?

NONKI
NONKI

状況によってはヤバいんだよ。

ではこのことがどれくらいヤバイのか?画像を用意しましたのでご覧ください。

画像は12月の傲慢の塔の40Fのミノタウロス戦です。

スキル1で自身に持続ダメージを4個溜めて、スキル2で溜め込んだ持続ダメージをすべてミノタウロスに押し付けたときのダメージ量になります。



サンダルフォン
サンダルフォン

ええ(;゚Д゚)4,245ダメージ!これテイアーさんが出したんですか??

NONKI
NONKI

そうだよ。凄いでしょ。

サンダルフォン
サンダルフォン

すごーい!でもテイアーさんのレベル100くらいあったんじゃ?(錯乱)

NONKI
NONKI

いやこのときのテイアーのレベルは56だよ。

サンダルフォン
サンダルフォン

え!?でも何でこんなにダメージ出るんですか?

NONKI
NONKI

それは持続ダメージの性質に関係するんだよ。

持続ダメージは最大HPに依存したダメージを与えることができ、持続ダメージ1つにつきその敵の最大HPの5%のダメージを与えることができます。

そして持続ダメージが2個ならば最大HPの10%のダメージ、3個ならば最大HPの15%のダメージというように持続ダメージの個数が増えるたびにダメージが最大HPの5%分ずつ加算されていくんです。

ここまで説明すればわかると思いますが、傲慢の塔のボス戦のようにHPが軽く2万を超えるような敵には持続ダメージにより大きなダメージを与えることができる、というわけなんです。

サンダルフォン
サンダルフォン

なるほどー。普通じゃボス相手にここまでダメージ出せないですもんね。

NONKI
NONKI

テイアーのボス戦での火力の高さがわかったかな?

サンダルフォン
サンダルフォン

はい。テイアーさん凄いです!



持続ダメージは1回きりのダメージではない

持続ダメージは効果が消えない限りは敵のターンが来るたびにダメージを与え続けることができます。

テイアーのスキル1の持続ダメージは4ターン持続しますので、持続ダメージを押し付けた後は敵のターンが来るたびに持続ダメージは1つずつ消えていきダメージ量は減少していきます。

しかし文字通りダメージを与え続けられることには変わりはないわけです。

サンダルフォン
サンダルフォン

持続ダメージを押し付けたらまたスキル1で溜めて押し付けちゃえばいいわけですしね。

NONKI
NONKI

そういうことだね。

レベルを上げなくても火力が出せる!

持続ダメージの押し付けによるダメージは敵の最大HPに依存するのであって、テイアーの攻撃力にはまったく関係ありません。

つまりテイアー自身の攻撃力が例え0だったとしても上記のようにボス相手には高いダメージを与えることができます。

NONKI
NONKI

攻撃力が関係するのはデバフの押し付け以外でのダメージです。

ですのであまり育成していなくても火力に期待できるんです。

まぁしかし火力は出せてもHPや防御力は低いままではすぐにやられてしまうので注意です。

スキルのレベルを上げなくても火力が出せる!

テイアーはスキルのレベルを上げても持続ダメージのダメージ量は変化せず、スキル自体の火力が上がっていきます。

そしてテイアーは持続ダメージの押し付けによるダメージが凄いのであって、スキル自体の火力はそこまで期待できるものでもありません(スキル2は多少ありますが)

つまりスキルのレベルを上げなくても、持続ダメージの押し付けだけで十分にダメージを出すことができるということです。

▲ 私のテイアーのスキルレベルはこんな感じです。

例えばマーリンはスキルのレベルを上げやすいから火力を出せるキャラクターなわけですが、テイアーの場合はそこまでスキルのレベルを上げることに固執する必要はありません。

サンダルフォン
サンダルフォン

スキルのレベルを上げなくても即戦力なのはいいですよね。

NONKI
NONKI

もちろんスキルのレベルを上げた方が有利ではあるよ。

まぁレベルを上げても持続ダメージ量は変わらないけど。

以上、テイアーの強いところを紹介してみました。もう一度まとめますと、

  • 持続ダメージの押し付けでボス相手に高火力を出せる。
  • 育成していなくても火力を出せる。
  • スキルのレベルを上げなくても火力を出せる。

とこんな感じです。

▲ まさに肉を切らせて骨を断つ!これがテイアーの戦術です。

敵のHPが高ければ高いほどダメージに期待できますので、特に傲慢の塔で10の倍数ごとに登場するボス戦ではアタッカーとして十二分に活躍してくれますよ!


テイアーのデメリット

HPの高いボス戦ではアタッカーとして活躍できるテイアーではありますが、デメリットもあります。

持続ダメージは諸刃の剣

確かにボス相手には高いダメージを与えることができるのですが、スキル1で持続ダメージを溜めている間は当然自身のターンが来るたびにダメージを受けてしまいます。

残りHPが低いときは溜めた持続ダメージにより自爆する可能性がありますので、パーティにヒーラーは必ず編成するようにしましょう!

▲ 残りHPに注意!自分で肉も骨も断ってしまっては・・・(落涙)

アスタロトの融合素材

テイアーは強力なアスタロトの融合素材でもあります。

▲ テイアーも強いけどアスタロトも強いんだよなぁ・・・。

しかし後述する理由からテイアーは2体以上確実に入手することができますので、アスタロトの融合素材用と育成用の両方を確保することはできます。

問題は融合素材用も育成用も両方育てなければならないということです。

NONKI
NONKI

テイアーをアスタロトの融合素材にするには☆5レベル60にしなければなりません。

アスタロトは味方の攻撃力を上げたり、味方全員に複数の持続回復を付与することができる強力なキャラクターなので早めに仲間にしておきたいのですが、そうすると育成用のテイアーを入手するのに少し間を置かなければなりません。

つまり先にアスタロトを作って後からテイアーを育成するか、それとも今後使っていくテイアーを先に育成して2体目のテイアーを入手してからアスタロトを作るのか、を考える必要があるということです。

ルーンを装備・強化したテイアーをアスタロトの融合素材にしてしまってはもったいないですからね。

サンダルフォン
サンダルフォン

NONKIさんはどうしたんですか?

NONKI
NONKI

先にアスタロトを作りました。

サンダルフォン
サンダルフォン

理由は?

NONKI
NONKI

アスタロトを作りたかったからw

サンダルフォン
サンダルフォン

アスタロトさんを仲間にすることは誰しもが夢見ることですからねぇ。

とまぁテイアーのデメリットはこんな感じでしょうか。

あ、あとテイアーはオートプレイをすると、スキル1で持続ダメージを1つも溜めてもいないのにスキル2を打って何も押し付けられない(呆れ)、ってことがよくありますので注意しましょう。

サンダルフォン
サンダルフォン

あ、そうなんだ・・・w

NONKI
NONKI

あんまオートは期待しない方がいいかも。

AIがもう少し賢かったらファフニール10Fをもう少し楽に・・・いや何でもないです。


テイアーのスキル

さてここからはテイアーのスキルの効果、効果範囲、レベルを上げたときに追加される効果について紹介していきます。

スキル1:猛毒

<効果>

  • 単体の敵を攻撃する。
  • 4ターンの間、自身に持続ダメージを付与する。

<効果範囲>

<レベルアップ時に追加される効果>

レベルアップ時に追加される効果
Lv2 ダメージ量が8%増加する
Lv3 ダメージ量が8%増加する
Lv4 ダメージ量が8%増加する
Lv5 ダメージ量が4%増加する
Lv6 ダメージ量が4%増加する
Lv7 ダメージ量が4%増加する

<補足>

スキル1″猛毒”は敵を攻撃しながら自身に持続ダメージを付与していくスキルです。

持続ダメージは4ターンの間続きますので最大で4つまで溜めることができます。

しかし後述するスキル2(デバフの押し付け)のクールタイムは1ターンですので、基本的には1つ溜めたらスキル2で押し付けるのがベストです。

もちろんですが持続ダメージは溜め込むほど自身へのダメージは増加し、4つ溜めたときは最大HPの20%分のダメージを受けますので残りHPには注意!

スキルのレベルを上げると攻撃時のダメージが増加するのであって、持続ダメージ量は変化しないことは留意しておいてください。


スキル2:感染

<効果>

  • 範囲内の敵を攻撃する。
  • 攻撃命中時、自身のデバフをすべて対象に押し付ける。
  • 自分のデバフが多いほどダメージ量が増加する。

<クールタイム>

  • 1ターン

<攻撃範囲>

<レベルアップ時に追加される効果>

レベルアップ時に追加される効果
Lv2 ダメージ量が12%増加する
Lv3 ダメージ量が8%増加する
Lv4 ダメージ量が4%増加する
Lv5 ダメージ量が4%増加する
Lv6 ダメージ量が4%増加する
Lv7 ダメージ量が4%増加する

<補足>

スキル2″感染”は対象に攻撃すると同時に自身にかかったデバフをすべて押し付けるスキルです。

もちろんスキル1で溜め込んだ持続ダメージ以外にも敵から受けたデバフを押し付けることも可能です。

ここで気をつけてほしいことはスキル2は範囲攻撃であるということです。

自身にかかったデバフを範囲内の敵に押し付けるとき、例えばデバフを4つ所持している場合、範囲内の敵1人1人にデバフを4つずつ押し付けるわけではなく、4つのデバフを分散して押し付けます。

ですのでデバフをもらわない敵もいれば、デバフを2個もらう敵もいたりします。もちろん対象が1人しかいない場合はすべてのデバフを押し付けることになります。

スキル1同様にスキルのレベルを上げても持続ダメージ量ではなく、スキルのダメージしか上がりませんが、相手のデバフの数によってスキル2のダメージ量が増加することは覚えておきましょう。


スキル3:抗体(パッシブスキル)

<効果>

  • 自身のターン開始時、自身のHPを5%回復する。

<レベルアップ時に追加される効果>

スキル3はレベルを上げることができません。

<補足>

スキル3″抗体”はターン開始時に自身の最大HPの5%を回復するパッシブスキルです。取得するにはテイアーを覚醒させる必要があります。

パッシブスキルですので敵からバフを剥がされることはありませんが、回復する量は持続ダメージちょうど1つ分と少し物足りない感じですよね。

まぁ何もないよりはマシなわけですが。

スキル4:龍の怒り(リーダースキル)

<効果>

  • すべてのバトルで木属性の味方の攻撃力が29%増加する。

<レベルアップ時に追加される効果>

レベルアップ時に追加される効果
Lv2 ステータスが3%増加する
Lv3 ステータスが3%増加する
Lv4 ステータスが3%増加する
Lv5 ステータスが3%増加する

<補足>

スキル4″龍の怒り”は木属性の味方の攻撃力を増加させるリーダースキルです。

ダンジョンであれPvPであれ効果が発動しますので、木属性のみのパーティを組むときはリーダーに設定するといいと思います。

スキルのレベルを最大まで上げると41%も攻撃力が上がりますので、クラウディアやドリアードなどはより凶暴になりそうですね。

もう一度念を押しておきますが、このスキルで攻撃力が上がっても持続ダメージ量は変化しませんので注意してくださいね。


テイアーのおすすめルーン

個人的にテイアーにおすすめのルーンを紹介していきます。

迅速のルーン×4

自身に素早く持続ダメージを溜めて相手に擦り付けるためにも、速度はガッツリと上げましょう。

迅速のルーンを4つ装備することで速度が25%増加します。

生命のルーン×2

先述の通り、持続ダメージは攻撃力に依存しませんので突撃のルーンで攻撃力を上げたり必殺のルーンでクリティカル率を上げてもな、と。

だったら生命のルーンで生存率を上げたほうがいいと思います。生命のルーンを2つ装備することで最大HPを20%増加することができますよ。

オプションについて

オプションは速度、最大HPをメインに上げていくべきでしょう。防御もありかな。

サンダルフォン
サンダルフォン

HPと防御力を上げるのはなぜですか?

NONKI
NONKI

生存率を上げるためだよ。

特に4番のルーンはメインオプションが速度のものを付けましょう!

▲ 4番のルーンのみメインオプションが速度であるものが存在します。

また持続ダメージだけでダメージを狙っていくのならば、攻撃力やクリティカル率などの火力に関するステータスは上げなくて大丈夫ですよ。

あ、スキル2のデバフ押し付けをより確実なものにするためにもデバフ命中はある程度は上げておきましょう。

ちなみに私のテイアーのデバフ命中は40%です。この数値ですと敵によってはスキル2でデバフをすべて押し付けられないときがありました。


テイアーの入手方法

テイアーは基本的にガチャで入手することができますが、実はそれ以外にも入手方法があるんです。

各種召喚で入手する

テイアーはクリスタル召喚、高級召喚、伝説召喚、特選召喚など様々な召喚で入手することができます。

私は今までにテイアーを5体入手していますが、すべて上記の召喚で入手していますよ。

融合により入手する

テイアーは初期☆3のパーシヴァル、メリアス、ソフィー、チェリーを素材にして融合により制作?することができます。

ただしこの方法だと素材の4人のキャラクターを☆4レベル50まで育成する必要があるので手間がかかるかも。

☆4融合英雄チョイスBOXで入手する

クエストの報酬で『☆4融合英雄チョイスBOX』というアイテムを獲得できるのですが、これを使用すると融合により制作できる☆4英雄から好きな1体を選んで入手することができるんです。

この方法だと確実にテイアーを入手することができますので、どうしても欲しい場合は使用してみるのもアリでしょう。

サンダルフォン
サンダルフォン

NONKIさんはチョイスBOXは使ったんですか?

NONKI
NONKI

貧乏性だからまだ使えずにいるw。

サンダルフォン
サンダルフォン

アチャー><



テイアーと相性のいいキャラクター

テイアーは自身に持続ダメージを溜めこんでいくスタイルですのでHPの減りが早いです。

ですのでHPを回復してくれるヒーラーは最強の相棒になるでしょう。

サンダルフォン
サンダルフォン

逆にヒーラーがいなかったらキツそうですよね><

NONKI
NONKI

うん。確かにキツいw

テイアーと相性の悪いキャラクター

テイアーの戦闘スタイルはもうおわかりになったと思いますが、当然デバフ解除のスキルを所持しているキャラクターとは非常に相性が悪いです。

例えばレイラとかイレーネとか。

サンダルフォン
サンダルフォン

せっかく溜め込んだ持続ダメージを解除されたら意味ないですもんね。

NONKI
NONKI

そんなことされたらテイアーがただの置物になっちゃうw



テイアーが活躍できる戦闘

さてここからはテイアーが活躍できる戦闘を紹介していきます。

傲慢の塔のボス戦

この記事で何度も話題に挙げましたが、傲慢の塔の10の倍数の階に出現するボスはHPが高いものが多いので持続ダメージの押し付けが非常に有効です。

ルーンダンジョンのファフニール戦

ルーンダンジョンのファフニールはHPがやや高いということもありますが、それ以上にオイシイのがファフニールは持続ダメージのデバフをチョイチョイとかけてくるということです。

スキル2のデバフの押し付けは何もスキル1で溜めた持続ダメージだけでなく、敵から受けたデバフを押し付けることもできます。

つまり場合によっては6個以上の持続ダメージを押し付けられることもあるんです。

▲ 画像では7個入っていますw

サンダルフォン
サンダルフォン

7個・・・。

ちなみに9FのファフニールのHPは7,101なのですが、持続ダメージを6個押し付けるとこんなダメージがでちゃいます。

▲ フハハ!ざまーねーぜ!!

サンダルフォン
サンダルフォン

6個ったら最大HPの30%分のダメージですもんね・・・。

NONKI
NONKI

テイアー恐るべし(驚愕)

こんな感じでファフニールにはより大きなダメージを与えることができますが、逆に多くの持続ダメージを抱え込んでしまって死んでしまうことがあるので注意してくださいね。


実際にテイアーを使ってみて

さてここからは実際にテイアーを使ってみての感想を書いていきたいと思います。

 

今まで私のパーティのアタッカーはマーリンに任せていました。確かにマーリンは火力が高いのでザコの処理は目を見張るものがあるのですが、傲慢の塔のボス戦では少し火力不足が否めませんでした。

しかしもう紹介したのでわかると思いますが、傲慢の塔のボス戦での火力は凄いの一言です。

ゲーム内では「ボス戦での火力凄い」というレビューに私は半信半疑でしたが、使って改めてボス戦での火力の高さに驚くことができました。

またルーンダンジョンのファフニール10Fをクリアできたのもテイアーのおかげです。

私のイングヴェイはまだいいオプションの反撃のルーンをGETできていないということもあり、まだ安定してイングヴェイ1人で周回出来ていないのですが、テイアーを一緒に編成することでほぼ安定して10Fを周回できるようになりましたよ。

NONKI
NONKI

こんなに有能なキャラならもっと早く育成しておけばよかったです。

サンダルフォン
サンダルフォン

まぁ育成してみないとわからないことも多いですからねぇ。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回はキンヒロの初期☆4のキャラクターであるテイアーを紹介してみました。

もう言いたいことすべてを紹介することができましたので、改めて紹介することはありませんw

とにかく傲慢の塔やルーンダンジョンのファフニール戦を安定させたいのならば必須のキャラクターだと思いますので入手したら確実に育成しましょう!

サンダルフォン
サンダルフォン

テイアーさん強い!

NONKI
NONKI

テイアーは必ず皆さんの役に立ってくれるはずです!

今回はここまでです。では、また次回です!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました